必ず複数依頼が常識

不動産仲介業者に見積もりを依頼するような場合には、必ず一つの不動産仲介業者に依頼するのではなく、必ず複数の不動産仲介業者に相見積りをとる必要があります。不動産仲介業者は、その業者によって全然見積もりの金額が違います。また、同じ会社でも担当者であったり、売却する時期によっても金額が大きく異なってきます。その為、複数の不動産仲介業者に相見積もりを依頼する事によって、それぞれの見積もりの高い安いを確認する事ができますし、全ての見積もりを並べる事によって、大体の相場というものを客観的に知る事ができるようになります。

リスク軽減

不動産仲介業者を複数にすると言う事は、それだけトラブルやリスクを減らす事にも繋がります。不動産仲介業者には、取り扱っている物件の種類に得意、不得意がありますので高く売れる不動産と高く売る事が苦手な不動産というものがあります。よく、知り合いや親せきに紹介されて決めてしまうという方も多いのですが、不動産に関しては、かなり差がでてしまいますので、その不動産仲介業者が、知り合いや親せきの方にとっては素晴らしい会社であったとしても、あなたにとって最適であるという保証はないのです。もちろん、一回の相見積もりで納得のいく数字が出てこなかった場合には、他の不動産仲介業者に依頼するのも一つの選択肢としてありです。無料の査定サービスをしている所が多いので、積極的に利用してください。

参考サイト:不動産買取業者に頼んで相場より得する条件。そのメリットデメリット